2014
 

4月19日 旧大名小学校

 
熊本地震発生から4日目。被災者に向けた支援物資が集まる旧大名小学校に来ました。作業の手待ち時に話を聞こうとボランティアさんに声をかけると知人のFさん。彼女の話しは経験の豊富さをうかがえ、現場の状況を的確に把握することができました。届けられる物資のなかには車で北九州や筑後からも持参されるとのこと。
 昨日までに集まった物資はすでに1階の教室では賄いきれず、晴れた今日は校庭で捌き、体育館に収納。その物資が次々に積み込まれ、現地に向かうトラックが待機中です。荷台に上がり積み込まれる物資を捌く幹部職員の奮闘も目に留まりました。
 小学校の正門には、車の窓から手渡してくれる物資を受け取る若者たち。被災した熊本大学から駆けつけてくれた学生たちでした。彼女ら、彼らの気持ちが伝わってきます。
 ボランティアの皆さんと市職員の呼吸もうまく合い、現場はよく機能しています。今後、支援物資を届けたくても届けられない旧大名小学校から遠隔地の皆さんの思いに具体的にどのように応える方法を見出せるか、市・区役所と民間企業・団体の共働で知恵を絞る必要を感じました。
 
daimyou

 

5月19日 募金活動

 
 熊本地震の被災者救援に向けた義援金を募りました。福岡市議会は臨時議会終了後の夕方、天神ツインビル前で議員や議会事務局職員の総出で募金活動を展開。並行して博多駅前でも同時刻で議員、職員たちが募金活動に取り組みました。なお、集まった義援金は福岡市がとりまとめ、熊本県に届けられました。
 
bokin